犬のトイレのイメージ

犬の基本的なしつけの中でも飼い主の方にとって、最も緊急かつ重要なのは犬のトイレのしつけだと思います。

犬がなかなかトイレを覚えない、家の中で所かまわずトイレをしてしまう行為には一刻も早く対処したいですよね。

今回は、そんな犬のトイレのしつけの効果的な裏ワザ的方法の手順と、そのポイントについて解説いたします。

犬がトイレを覚えない原因とトイレトレーニングの注意点

犬がなかなかトイレの場所を覚えてくれない大きな原因は、犬の頭の中でトイレに対する条件付けが出来ていないことに起因するものです。

犬は基本的に、自分の尿の臭いの付いた場所で繰り返しトイレをする傾向があり、飼い主のトイレにして欲しい場所と、犬のトイレとして使いたい場所が完全に一致しないことには問題は解決しません。

飼い主としても、せっかくトイレを用意しているのに、犬が部屋のあちこちで好き勝手に用を足されたのではたまったものではありません。

昔のように犬を外で飼うケースが激減し、犬の品種を問わず室内飼いが当たり前になっている現在であればなおさらのことでしょう。

犬は、子犬の頃からトイレトレーニングを開始するのが一般ですが、すでに成犬であったとしてもしつけ直しは十分可能です。

どんなしつけも飼い主の根気が必要ですので、多少時間はかかったとしても根気づよく教えていきましょう。

犬のトイレトレーニングには様々な方法がありますが、ここでは私自身が最も簡単で、かつ、最も効果があると感じたトイレのしつけの裏ワザ的方法をご紹介します。

犬のトイレトレーニングの際の注意点

トイレトレーニングを開始する前にいくつかの注意点がありますので、この注意点をしっかり守ってしつけを始められることをおすすめします。

犬のケージ内にトイレを設置するのは子犬のときだけ!

よく犬のケージ内にトイレを設置している人を見かけますが、実はあの方法は犬のしつけにとって正しい方法であるとは言えません。

というのも、犬は習性として自分の寝床の近くで排泄することを嫌がるからです。

犬はもともと、とてもきれい好きな生き物なのです。

おそらく、犬のケージ内にトイレを設置するというのはペットショップのディスプレイなどから影響を受けたものと考えられるのですが、先々のことも考えると、決して好ましい方法ではありません。

ただし、これにも例外があって、子犬の頃はトイレを我慢できる時間が成犬と比べて短いですから、夜中などのことを考えると緊急的な目的で設置するのはOKです。

犬がトイレに失敗しても怒らない

これはトイレに限らず、犬のどのようなしつけにおいてもそうなのですが、犬が失敗したとしても決して怒ってはいけません。

犬に怒ったとしても、犬は飼い主がどうして怒っているのか理解できないからです。

犬は人間と違って言葉が通じません。

犬がただ一つ理解しているのは、今飼い主が怒っているということだけです。

怒っていることまでは理解できても「何に対して」怒っているのかまでは、犬にはまったく理解できないのです。

トイレで眠る子犬これでは、犬からすれば、排泄及び、それに関する行為そのものがダメなことであると誤解しかねず、もしそうなってしまうと、今後のしつけがますます困難になってしまう可能性があります。

しつけが上手くいかないとき、飼い主の怒る気持ちももちろん理解できますが、ここは一つ、何のためにしつけをしているのか、という原点に立ち返って、焦らずに続けていただきたいと思います。

犬が上手くトイレに成功したときはすぐに褒める

失敗しても怒ってはいけないのとは反対に、犬が上手くトイレを出来たときにはその場ですぐに褒めましょう。

いいですか。その場で間髪を入れずにすぐに褒めてあげるのです。

そうすれば犬は嬉しくなり、トイレへの条件付けが速くなり、この後のしつけもスムーズに進むようになります。

最も簡単で成功率の高いトイレトレーニングの裏ワザ的方法

チワワのトイレ

それでは、これから最も成功率が高いと感じたトイレトレーニングの方法を解説していきたいと思います。

やり方としては簡単ですが、犬の習性を上手く利用した、ちょっと裏ワザ的な方法です。

まずはしつけの環境の下準備からです。

トイレトレーニングのために必ず用意するもの

■必ず用意するもの

1.クレートまたはケージ(犬の体に合わせた大き過ぎないもの)
2.周囲を柵で囲った犬用のトイレトレー
3.犬用トイレシーツ

クレート(またはケージ)は犬用の寝床が置けるくらいの大きさが丁度いいです。

あまり小さくても犬が窮屈ですが、あまり大きすぎれば、今度は犬が空いたスペースで排泄してしまう可能性があるからです。

犬は自分の寝床のすぐそばでは排泄しない習性があるのですが、この習性を逆に利用してしまうのが今回のしつけのミソです。

次に、トイレは柵付きのものを選んでください。

柵付きのトイレがない場合、自分で自作しても構いません。

柵は100均やホームセンターで安く入手できますので、これを利用して自作してもいいでしょう。

柵のジョイントも売っていますので簡単に自作できるはずです。

「柵付き」というのが条件です。

これの理由としては、トイレが終わるまで犬を柵で囲っておく為であると同時に、犬にトイレの場所をピンポイントで覚えてもらうことにあります。

また、クレートとトイレの位置は出来るだけ離して設置する方がいいでしょう。

犬の排泄のタイミングとサインを知る

■犬の排泄しやすいタイミング

・寝起き
・水を飲んだ後
・食事の後
・興奮した後
・散歩や遊びなどの運動後

特に寝起きの犬は排泄の可能性がとても高いので、しつけのための絶好のチャンスとなります。

なお、子犬の場合は一度排泄した後、次の排泄までの時間が成犬と比べて短いのが特徴なので、約1時間おきくらいにトイレに連れていくのがいいでしょう。

次に犬の排泄のサインですが、必ずではありませんが、大抵の犬には次のような前兆サインがある場合が多いです。

■犬の排泄のサイン

・ぐるぐると回りはじめる
・そわそわしはじめる
・床などをクンクンするしぐさをはじめる

 などが犬の排泄のサインですが、これにはその犬独自のサインがありますので、飼い主は普段から犬の変化をよく観察しておくことも必要です。

犬に最短でトイレを覚えてもらうための5つの流れ

さて、ここまで準備が整ったならいよいよ実践です。

まず、トレーニングのための流れを把握してください。

■トイレトレーニングのための5つの流れ

1.クレートに入れて自由に排泄できないようにする
2.排泄のタイミングで、後述する3つのステップでトイレに誘導する
3.排泄しない場合1へ戻る
4.トイレで排泄できたらその場ですぐに褒める
5.犬が覚えるまで1~4を繰り返す

流れとしては以上になります。

あまりに簡単で拍子抜けしたかも知れませんが、この単純そのものの流れを繰り返すことによって、今まで難しいと思っていたトイレのしつけが噓のように簡単にできるようになります。

この方法は、犬がトイレを覚えるまでの間、犬の行動範囲をクレートもしくはケージに制限し、排泄のタイミングでトイレに誘導することによって、成功する以外道が無い状態を作り上げてしまうことにあります。

ただし、犬の行動を制限するといっても、ご飯と散歩と遊びの時間は絶対必要ですので、必要以上にあまりストレスをかけ過ぎないようにしましょう。

犬をトイレの場所へ誘導し条件付けするための3つのステップ

先に述べた5つの流れでトイレに誘導しますが、この誘導のしかたには次の3つのステップがあります。

■犬をトイレへ誘導するための3つのステップ

ステップ1.犬を抱いて連れていく
ステップ2.犬にリードをつけて誘導
ステップ3.リード無しでしつけが成功したか確認する

次に、それぞれのステップを詳しく説明します。

1番目のステップでは、排泄のタイミングやサインがあったときに飼い主が犬を抱いてトイレのある柵の中に連れて行き、犬が排泄するか確認してください。

もし、なかなか排泄しない場合は、犬の排泄物(尿)をあらかじめトイレシートに少量つけておいてみてください。

犬は、自分の排泄物の臭いの付いたところで繰り返し排泄を行う傾向があるからです。

犬用トイレシーツもう一つのコツはトイレシートはいつも清潔なシートを使いましょう。

あまりにもシートが汚れていた場合、犬が嫌がって排泄しない可能性があるからです。

もし、それでも排泄しない場合、いったん犬をクレートの中に戻して再びチャンスをうかがいましょう。

このステップが3回成功すれば次のステップに進みます。

2番目のステップは、より犬に自主的にトイレに行ってもらうためのステップです。

ステップ1のときと同じく、犬の排泄のタイミングで、今度は犬にリードをつけます。

その後、おやつや、犬の好きなおもちゃを使って上手くトイレに誘導します。

ここで一つ注意してもらいたいのが、犬のリードを無理やり引っ張ってトイレの柵の中に入れないでいただきたいという点です。

もし、犬が嫌がるのに無理やりトイレの柵内に誘導してしまうと、トイレに対して嫌なイメージが刷り込まれてしまい、かえってしつけが難しくなってしまう恐れがあるからです。

あくまで、犬が自然な形でトイレ内に入れるように上手く誘導してあげましょう。

このステップが数回連続で成功すれば、最終ステップに進みます。

ステップ3は、いよいよ確認のための最終ステップとなります。

これまでやってきたトイレトレーニングが犬に完全に刷り込まれているか確認するためのステップです。

リード無しで犬が自主的にトイレ内に入れるか確認しましょう。

何回繰り返しても、間違えないで入れるようになればトイレのしつけは完了です。

まだ間違うことがあるなら、もう一度ステップ2に戻ります。

犬がトイレを自分で完璧に出来るようになるまでこの工程を繰り返します。

犬のトイレトレーニングのまとめ

犬の裏ワザ的トイレトレーニングはいかがだったでしょうか?

手順的には非常に簡単なのですが、今回はあらかじめ用意するものやら、犬の排泄の条件やらと、覚える項目が多かったので、もう一度おさらいとして下にまとめます。

■必ず用意するもの

1.クレートまたはケージ(犬の体に合わせた大き過ぎないもの)
2.周囲を柵で囲った犬用のトイレトレー
3.犬用トイレシーツ

■犬の排泄しやすいタイミング

・寝起き
・水を飲んだ後
・食事の後
・興奮した後
・散歩や遊びなどの運動後

■犬の排泄のサイン

・ぐるぐると回りはじめる
・そわそわしはじめる
・床などをクンクンするしぐさをはじめる

■トイレトレーニングのための5つの流れ

1.クレートに入れて自由に排泄できないようにする
2.排泄のタイミングで、後述する3つのステップでトイレに誘導する
3.排泄しない場合1へ戻る
4.トイレで排泄できたらその場ですぐに褒める
5.犬が覚えるまで1~4を繰り返す

■犬をトイレへ誘導するための3つのステップ

ステップ1.犬を抱いて連れていく
ステップ2.犬にリードをつけて誘導
ステップ3.リード無しでしつけが成功したか確認する

以上が今回のおさらいのポイントとなりますが、実際にしつけを始めるときには、先述した注意事項をしっかり守った上で始めてくださいね。

本当に簡単な方法ですので、今まで何回もトイレのしつけに失敗しておられる方もぜひ一度試してみてください。